20231220
記事投稿して葛根湯飲んで早く寝ます。


●「吸血鬼すぐ死ぬ」のアニメを観ました。

吸死、連載の初期の初期にリア友から勧められて、初期の初期のコミックスは読んだことあったんですけど、初期以降は全然知らなかったんですけど、
鬼灯の冷徹好きのフォロワーと水が合ってるっぽいし、アニメ化して大人気だし、ってことで、
「全く知らないってことではない。」
「だが、詳細は知らない。」

という存在。

TLで副流煙を吸って履修してるジャンルだな。


で、最近友人のユニコーンが読んだらしくて、ちょっと話をしたので、
久し振りに見たくなったし、アニメが1クール12話でサクッと見れるなぁ~と思ったので、観てみました。


●登場キャラクターと友達になりたい

面白い。
1話に2本くらいでテンポ良いし……

コメディが面白いのはもちろんなんですけど、登場キャラクターが全員良い。
登場キャラクター全員と友達とか知り合いとか、友達の友達くらいの存在になりたいもんな。

今「悪役も憎めないよね~」って文章打とうとしたけど、この作品で悪役って誰だ。
悪役いないな。


●ギャグ漫画のままでいてくれてよかった

吸血鬼が出て来たり、クリーチャーが出て来たり、バトル漫画に出来そうな要素が多いから、たぶん人気が想定以下だった場合はバトル漫画にテコ入れする可能性もあったのかな。
ギャグ漫画のままでいてくれてよかった。

でも、この設定でギャグ漫画でスタートするって、作者さんの性格とか出てる気がするな。
あ、ONE先生のアシスタントだったのか。なるほど~~~。


盆ノ木先生のことXくらいでしか知らんけど、根っこがコメディアンな気がする。サービス精神旺盛というか。
職業が漫画家で、漫画で成功したコメディアンのような。

たぶん、「悪人を倒す漫画」よりは、
「悪いことをするけど憎めないキャラクターのギャグ漫画」
の方が描きたそう。

ギャグ漫画のままでいてくれてよかった。


●やっぱりキャラクター作りが上手いよな

ギャグが面白いのはもちろんそうなんだけど、やっぱりキャラクター作りが上手いよな。
キャラクター作りが上手いってことは、キャラクターの動かし方も上手くて、
キャラクターの動かし方が上手いってことは、ストーリーの描き方も上手いっていう。


盆ノ木先生、「イケメンが変なこと言うと、変な人が変なことを言うより面白い」とか、
「悪役が実はちょっと良いヤツな面がある」っていうネタの描き方が上手いんだよな。

キャラクター1人ひとりはちょっと王道から反れるかもしれないキャラクターもいるけど、
言動というか、ギャグのネタやストーリーが個性的な描き方をされてるからすっごい良い、っていう。

逆に王道でベタキャラだけど、唯一無二のセリフや行動をさせてるから、唯一無二な個性を持ったキャラクターになってるっていう。


文章打てば打つほど不思議な漫画だな、吸死。



由緒正しい吸血鬼のキャラクター←分かる

吸血鬼の相棒が吸血鬼ハンター←分かる

なんやかんやあって一緒に暮らしたり悪い吸血鬼退治をすることになる←分かる

その悪い吸血鬼たちが、全裸で股間に花を咲かせてるおっさんや、野球拳大好きなおっさん、マイクロビキニを着せるおっさん←分からん


●キャラクターを個性的にするってこういうことかも

「吸血鬼すぐ死ぬ」、何か1個2個の特徴が突き抜けてるキャラクターばっかりなのかも。

半田君とか、クール系?のキャラに
「ロナルドが大っ嫌いすぎるあまり、ロナルドのグッズが自室にいっぱいある」とか
「『お母さんが大好き』だけど、『そのお母さんは大っ嫌いなロナルドのファン』」とか。
でも根は良いヤツなんだよな。

ショット君もクール系?のキャラに
「ムダ毛フェチ」とか、怪奇現象で訪れた駅で友達とはしゃぎまわる「アホ」とか。
でも良いヤツなんだよな。

サテツ君とか、良いヤツで、「良いヤツなんですよ」としか言えないキャラかもしれないけど、突き抜けて良いヤツで、良いヤツというか、お人よしすぎるっていうキャラクターをしてるっていう。
「昔は不良だった」、っていう設定もあるけれど。



キャラクターを個性的にするってこういうことかも。
「何か1個2個の突き抜けてる特徴を付ける」っていう。



●でもストーリーも良くないとだよな

やっぱり「個性的なキャラクター」なだけではなくて、個性的なキャラクターを動かせるくらいのストーリー案が無いと滑るだけなので、
やっぱり、盆ノ木先生ってすごいんだよな。

盆ノ木先生ってすごい。

漫画の内容をアニメが面白くなるようまとめて放送するアニメの監督もシリーズ構成の人も脚本の人もすごい。


それでは。